スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

スイート藤原の体験談(出入り禁止)

kinshi.png



僕が東京で芸人の修行をしていた時のお話です。

当時、僕はオカマネタをしていました。
というのも、スイート藤原の芸名は、師匠から頂きました。
怒りっぽかった僕に師匠は、「甘い男になれ」と思いを込めて付けて頂きました。
「甘いと言えば、やっぱオカマだよな」と勝手な思い込みから、ピンのオカマ芸に走ったのです。

オカマネタを続けていた僕は、ある大手お笑いプロダクションにネタ見せに行きました。
勿論、オカマネタで!

夕方遅く、ネタ見せ会場に入った時は、既にネタ見せは始まっていました。
会場では、髭を生やしてメガネを掛けた顔の四角いおじさんと、30代中ばぐらいの女性が審査員で座っていましたっけ。
顔の四角いおじさんは、名前を出さなくても業界では有名な方なので、おわかりかと思います。

更衣室が無かったので、隅っこで着替えました。
カツラを被り、パンストとスカートをはいて。
ネタ見せに来ていた芸人さん達が、クスクス笑いながら珍しそうにコッチを見てるではないですか。
その当時、オカマは流行ってなかったのですね。
香取慎吾さんの慎吾ママが流行ったのも、2~3年後でしたから。
回りの芸人さん達が僕を見てクスクス笑ってるのを「よっしゃ!つかみはOKやで!」と一人で勘違いしていました。

受付をすませて、自分の番が来るまでネタ見せを見ながら、ネタの復習(イメージトレーニング)をしていました。
あそこで、こうして、ああしてと。

〇〇〇での、ネタ見せに来ている芸人さん達のレベルの高さに圧倒された事を覚えています。
さすが、〇〇〇のネタ見せだけはあるなと、痛感させられました。
ただ、今回のネタは自信があったので、「今に見てろよ」って気分で待っていたのです。

自分の番が来て、待ちに待ったネタ見せとなりました。
ネタ見せの最中、審査員の反応をチラリ、チラリと伺ってみると、二人揃って何か異様な顔をしてこちらを睨んでいました。
でも、回りの芸人さんの反応が良かったので、「よっしゃ!合格やで!」とルンルンでしたが、結果はNGでした。
ダメ出しも貰えず、しぶしぶと〇〇〇の会場を後にしたのを覚えています。

その来月、〇〇〇にまたオカマネタで再挑戦しました。
前回のネタをブラッシュアップして磨きをかけて、絶対の自信を持っていました。

が・・・。

結果はNGで、またしてもダメ出しは貰えず、顔の四角いおじさん審査員から、「〇〇〇を出入り禁止にする」と言われました。
しかも怒り気味で。
それを聞いた僕は意味不明だった為、妙な事を質問したのを覚えています。

「え???
なんで?

あの・・・。
ひょっとして、パンストがずれてましたか?
靴はもっと大きい方が良かったでしょうか?
すね毛が見えたのって、やっぱ減点ですよね?
スカートはピンクじゃ駄目ですか」

などなど。
自分の技量に関係ない事ばかり聞きいてましたっけ。
しかし、顔の四角いおじさん審査員からはその後何も聞けず、プロダクション〇〇〇を後にしました。

数か月後、新宿フーの管理人のおじさん所でビールを交わしながら話していると、顔の四角いおじさん審査員が入って来て、僕に謝ってくれました。
話を聞いていると、お金儲けでオカマネタをやってると勘違いされたそうです。

お金儲けも結構ですが、芸能人って、芸人さんを含めて「名声」が付かないと収入は絶対に増えません。
僕もテレビで何回か使って頂きましたが、殆どのギャラを事務所が取ってしまい、時給で換算すれば、コンビニバイトの時給より、はるかに低いです。
貰えるだけマシなのでしょうね。
有名なタレントさんも、「下積み修行はギャラなんて、有って無いようなもんだよ。当たり前だと思ってたけど!?」と言っています。

賛否両論あると思いますが、僕はお金持ちになる夢を持って芸人を続けるのは、大いに結構だと思いますけど。
オカマネタで突拍子もない事をやっても、評価を得られないと、絶対にお金が付いてきません。
売れてる芸人さんにお金が入ってくるのは、評価に対しての副産物みたいなもんでしょう。

お金の為だけに芸人を続けて、それで面白いネタ、芸が出来るようになるなら、大成功じゃないでしょうか。
その言葉を口に出して相手に伝えると、意味は変わってきますが。
人間って、何かの支えがないと生きていけない動物ですからね。

皆さんはどう思われますか?

※ちなみに、○○○とはプロダクション人力舎さんで、髭を生やしてメガネを掛けた顔の四角いおじさんとは、前スクールJCA校長の前田さんでした。
前田さん!何時までもお元気で^^b






無料アクセス解析


バナーをクリックして応援をお願い致します。
あなたのクリックが、記事を書く励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




スポンサーサイト
line

スイート藤原の体験談(喧嘩仲裁編)

kenka_friends_female.png


タイトル:
喧嘩仲裁編

これは僕が東京で芸人をしていた時の体験談になります。
あれは約15年前の月初めだったと覚えています。
何時ものように、新宿フーの管理人とお酒を飲みかわそうと、エレベーター横の管理小屋を覗こうとした時の事でした。
そこには、ある大手お笑いプロダクションに所属する女性ユニットが、新宿フーの横のエレベーター前のホールに立ってて、何やら険悪な雰囲気になっていました。
その女性ユニットとは面識もあり、何回も話したことがあったので、どうしたのか事情を聴いてみました。


スイート藤原:おはようございます。どうしたの? 何か嫌な顔して2人で立っててさ。何かあったの?
女性ユニット:スイートさん・・・。
スイート藤原:ん? なになに?
女性ユニット:あたし達、解散しようと思うんです。
スイート藤原:は? なんで?
女性ユニット:あたし達喧嘩ばっかして、もう駄目なんです。別々にしようって、話になってて・・・。
スイート藤原:ここまで頑張ってきてさ? なんで? 吉本興行の人も、今からお笑いブームの波来るっていってたぞ。今解散したら、なんにもなんねーだろ!? もう少し辛抱したら、きっと良いことあるって!

(女性ユニット、お互いに顔を合わせて)
女性ユニット:そうだよね。きっとそうだよ。もう1回頑張ってみようよ。
スイート藤原:そおそお、その意気だよ。きっと良い事あるって!


それから暫くたって、女性ユニットのツッコミ担当から電話が掛かってきました。

女性ユニット:〇〇です。今日ネタ作るの手伝って欲しいのですが、お時間ありますか?
スイート藤原:〇〇さんって、どちらの〇〇さんでしたっけ? 「笑劇的」ライブに出演して頂いた方でしたっけ?
女性ユニット:じゃ、いいです。(電話切り)プー、プー、プー。


数日後に、また新宿フーの前で会ったので、電話があった事について尋ねてみました。
「〇〇です。」って言って伝わらなかったのが嫌だったみたいです。
その当時、ライブの運営をしていましたので、沢山の女性芸人さんと面識があり、〇〇さんって名前が思い出せなかったのですね。

〇〇さん、ごめんなさい。

まぁ、そんな〇〇さんでした。
今では彼女らは師匠クラス。テレビ、ラジオ、ライブとも活動されていて、お元気そうですね。


数年後、僕は故郷である岡山に帰郷しました。
お笑いブームが来たのは、その後だったと覚えています。


注)お問合せいただいても、女性ユニットの名前はお知らせできません。予めご了承、お願いいたします。





無料アクセス解析


バナーをクリックして応援をお願い致します。
あなたのクリックが、記事を書く励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓





line

スイート藤原の体験談(講習受講編)

engeki.png


タイトル:
講習受講編

これは僕が東京で芸人に転向する前に、役者を勉強していた時の体験談になります。
ある劇団で不定期に開催している、短期間の養成スクールに申し込んだことがあります。
そこの代表が、ブロードウェイのミュージカルに出演したことがあるベテランの女優だったので興味がありました。
それと、有名なミュージカルのプロデューサーが講師として、合衆国(US)から来日するとの事だったので、興味深々で参加しました。

養成スクールに入って驚いたのが、そこでは日本語が禁止だったことです。
英語のみです。
テキストも英語で書かれていて、講師からの説明も英語。
生徒同士の雑談は禁止されていませんでしたが、それも当然英語のみ可w。

「場違いな場所に来てしまった・・・。」と感じましたが、参加費用もすでに払っていましたし、「なんとかなる! これもお芝居の稽古だ」と自分に言い聞かせました。
会場の雰囲気に圧倒されながらもレッスンは進み、表現力の勉強をする時間になりました。
お題として、

「突然、雨が降ってきました。あなたはびしょ濡れになります。この場でその様子を表現して下さい」

僕の順番の前に数十人のレッスン生徒がいて、彼らは講師の前で表現してみせました。
表現が終わった後に講師から英語で質問を受け、英語で答えていました。
僕はこの時、

「これは何かのドッキリ? ひょっとして、僕をからかってるの? まさかね!? 大がかりな集団コントじゃないだろな!?」

色々な事を考えているうちに僕の番が来ました。
僕は舞台経験もあり、「雨が降った時の表現」も勉強済みだったし、基礎的な演技力は自信があったので、ごく朝飯前のごとく、講師の前で表現して見せました。
表現が終わって、何やら講師が嬉しそうに、大きな声で僕に何か言っていました。
その時の僕は英語力がなかったので何を言っていたのかわからなかったのですが、レッスンを終わって他のレッスン生徒に聞いたところ、講師は、

「あなたに仕事をあげる。是非、わたしの所に来てください」

でも開催している劇団が邪魔をして、僕には伝わらなかったのです。
何故なら僕はそこの劇団員でもないし、飛込で受講しているどこの馬の骨ともわからない人間にすぎなかったからですね。

その夜、そこの劇団の代表から電話がかかってきました。
英語で何か怒鳴っているのです。
英語は喋れない事を日本語で伝えると、声高らかに笑っていました。
代表は、

「何故英語を勉強しないのか? ハリウッドで映画に出たくないのか?」

と聞かれました。
僕はハリウッドには映画俳優として出演したいけど、今は英語は必要ないと答えると代表は、

「そんな事では、ハリウッドでエキストラぐらいしか仕事は貰えないわよ」

と言われました。
僕は返答として、

「エキストラだって英語が出来なきゃ貰えませんよ。エキストラをくださいと、日本語で言って通じますか?」

代表は笑っていました。
それ以来連絡もなく、そこの劇団とは付き合いも切れてしまいました。

もし僕がその時英語が喋れてたら・・・。
今更考えても仕方ないのですが、それは一つの転機だったのかもしれません。

合衆国(US)で何かしたい貴方!
英語力がなくては誰も相手にしてもらえません。
エキストラの仕事すら、貰えません。

芸人は芸が出来て当たり前!
エンターテイナーを目指すなら、まず、英語を勉強してください。

※ 動画を2本YouTube、FC2、ニコニコ動画にアップしています。
今英語のレッスンを受けているDMM英会話で、仲の良い講師(コスタリカ、フィリピン、セルビア)に動画を見せました。
動きはユニークで良いとの事ですが、日本語が理解できない。
次回は英語の字幕を入れたらどうかとの提案を受けました。
ですので、次回は英語字幕を入れたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。





無料アクセス解析


バナーをクリックして応援をお願い致します。
あなたのクリックが、記事を書く励みになります。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓





line
line

FC2Ad

line
プロフィール

スイート藤原

Author:スイート藤原
スイート藤原です。
オリジナルのネタ(動画、ショートコント、一人コント、ブログ、告知)をアップしていきます。

以前、新宿フー、Studio twl、THE ホールで「笑劇的」、上野広小路亭で「大江戸線寄席」をプロデュースしていました。

こちらのブログも、時々更新いたします。
気長に見守ってください。

ご要望ありましたら、set.fujiwara@gmail.com までメールください。

line
最新記事
line
最新コメント
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。